晴れのち私。

アクセスカウンタ

zoom RSS 折り姫様

<<   作成日時 : 2012/06/14 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

うちの娘、やるやるとは聞いてましたが…とうとう、いや、ついにやりました。

右手首骨折。(撓骨手根関節と撓骨…つまり親指の付け根と手首の繋ぎ目辺りををポッキリ)

ジャングルジムから転落し、腕を内側にぐにゃり。キレイにポキッと…
そして、少しズレもありました。


水曜の放課後、ボランティアのキッズクラブで遊んでた娘が、体育館でバレーをしてる私に…『ママ〜折れたぁ〜』と駆け寄ってきた。


すぐ病院にいくか悩んだのですが、腫れもなく、キッズの先生に冷えピタを貼ってもらっていて、本人も病院にいかなくても大丈夫と言ってたので、少し様子を見る事にしました。

帰宅後、宿題をする時に、鉛筆を持つ手に力がはいらなくて、腕も外側に回らない…なにやら嫌な予感がしたので、筋をやったかも!と、7時ギリギリに病院へ駆け込んだら、『折れてるくさいな』と、即レントゲンでした。水曜午後は代理の先生の様で、翌朝院長に診てもらってからギブスをしてもらいましょうと仮処置。

翌朝学校は遅刻届、パートはお休みさせてもらい、また一番乗りで外科へ行きました。院長の診断で、手術や入院はしなくて済んだものの…
ズレた骨を荒療治(○_○)!?

院長が折れた骨を引っ張り、ズレを治してからのギブス。全治一ヶ月半だそうです。引っ張る前と引っ張り後のレントゲンを見た院長は、自身に100点をつけてました(笑)確かに素人目でも、真っ直ぐに戻ってました。


比較的、痛みに強く、注射なんかでは全く泣かない娘も、痛む骨折部を思いきり引っ張られ、看護師さんの言う深呼吸をしながらも…さすがに声をあげ泣いてました。そりゃ痛いよね( ;∀;)


彼女には、『頭や顔じゃなく、そして治る怪我でよかったんだよ、痛かったけど、先生が治してくれたんよ』と話しました。

これからの、右手が使えない不自由な生活で、健康な体のありがたみや、両親がうるさいくらいに毎日言う『ケガしないように、気を付けてね』の意味を感じて欲しいと思います。

左手を使いこなし、右脳を鍛えれたら
天才になるかも!!と無駄な期待をしながら、一緒に治していきたいと思います。

暴れん坊をお育ての皆様、いつかやるってのは、ホントです。利き手なので、大好きなお絵描きや工作、Wiiもお預けだから、たくさん本を読んで過ごさせようかな。

暑くなるこの時期に、ギブス。
小さな体に大きなギブス。
なんだか痛々しいですが、不幸中の幸いです。治るんですから…

思うように食べたり、書いたり、動いたり出来ず、イライラしたり、泣きべそになったりと娘も戸惑ってはいますが、子供はなんでも早いので、自身で前向きに取り組む様に励ましながら、見守りたいと思います。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はわわ〜〜〜(OAO)
大丈夫!?Hちゃん!!
てか、骨引っ張って治るの!?
痛かったでしょうね・・・かわいそうに。
うちのこたもいつかやると思うけど〜・・。
やっぱりいつかは来るんですね(^^;)
Hちゃん、お大事に!!
治る怪我で本当に良かった!!
治るまでいろいろ煩わしいだろうけど、ママ&Hちゃん、頑張ってください!!
mochiusagi
2012/06/15 10:27
まさかのそっちの‘折り姫’〜(泣)?

そうとう痛かったと思うよ…。
しかもこの梅雨時に包帯ぐるぐるはキツイね。
うちは去年この時期ケムシでぐるぐる。

早く良くなりますように。。。

burny615
2012/06/17 13:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
折り姫様 晴れのち私。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる