晴れのち私。

アクセスカウンタ

zoom RSS 別れ

<<   作成日時 : 2012/02/27 17:37   >>

トラックバック 0 / コメント 3

2月18日〜2月24日まで広島に帰省していました。

実は・・・・H24年 2月20日 夕方5時半
父が64年の生涯を終え、亡くなりました。



5年前に大腸癌を患い、手術、治療をしてきましたが、
今年になり、広範囲への転移が見つかり・・・再び入院。

すでに治療できない程で、家に帰りたがっていましたが
先日、病院から天国へ(地獄かな〜?)逝ってしまいました。



私は、小学生のころから父親が大嫌いで、
父親の事について口を開けば、うらみつらみしか出できません。

頑固で厳しい父親。
常に私から自由と安らぎを奪っていくイメージしかありません。

自分勝手で、わがままで、子供みたいな父親に
本当に苦労させられっぱなしの人生だったし、
自身が親になり、子供を思えば思うほど、なんだよあの父親!!
と憤りを覚えたし、大人になってからも心の中は、
父親を許すことが出来なくて苦しみ続けました。
その父親がこの世から居なくなり、『無』になった・・・・

そうすると、全てを許せたりするのかな〜?とも思ったけど・・・
なんかそんな感じも今はなく、ただ違和感だけが残っています。


なぜなら、私の中に父親から教わった技術がいっぱいあって、
亡くなってからの方が、これもだ!これもだ!と思い出してしまします。

*おいしいハンバーグの作り方。
*パン粉の上手なつけ方。
*お玉での灰汁のとり方。
*きれいな三角おにぎりの作り方
*お米の研ぎ方や水量の目安。
*おいしい焼き豚の作り方。
*おいしいステーキの焼き方。
*調味料の順番
*おいしい丼物の作り方


私は、ほとんどの料理を母親ではなく、
料理人だった父親に教わってきました。

だから、主婦になり毎日食事を作る私は、日々思い出し
この先ずっと父親を忘れることなど出来ません。

それが、幸か?と聞かれたら・・・なんか苦しい気もするし。
でも、大嫌いな父親の死に素直に向き合うには、
そんな思い出もないと辛すぎるのかな〜とも思います。


どんなに文句を言いたくても、もういない・・・
呆れてはて、文句ももう無いんだけど、なんかズルイ。
勝手に終わるなんて・・・・


通夜、告別式、火葬と全て終えて大阪に戻って来たのですが、
亡くなった父親を心から許すことも、憎み続けることも、
どちらも出来なくなってしまったこの脱力感が切なく、

悲しみとも違う、言い表せない変な違和感の中にいます。
これもきっと、時間が解決してくれると信じて、日々精進します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この度はご愁傷様です。

人それぞれに色々な感じ方があるよね。
これから時間をかけて色々気持ちも整理されてくることでしょう。

お疲れ出ません様に。。
burny615
2012/03/01 21:08
お父様のこと、お悔やみ申し上げます。

きっと私には計り知れない気持ちがあると思います。
家族のことって周りからはわからない色々な事がありますよね。
すぐにではないでしょうけど、きっと時間が経つにつれて整理されていくと思います。
今は無理せずに、日々すごしてくださいね。
mochiusagi
2012/03/02 15:31
ありがとうございます。

ご心配をおかけしてしまい…ごめんね。
でも、元気だよ。

私には優しい皆がいるからねっ。
心が折れないように、ガチッと支えられてるから大丈夫です!!

電話やコメント、ありがとう。
晴ママ
2012/03/02 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
別れ 晴れのち私。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる